音楽修業を探る参考図書その1

かつての巨星の繁栄を伝える参考図書を上げておこう。
尚、この世界は、絶版が多いはずであるから図書館にでも行って見つけるとよい。

見つからなければ、「ああ、かつてこんな本があったのだ」と脳の片隅に記憶しておけばよい。

 


順不同である。思い付くままに上げている。

 

1:さよならバードランド / ビル.クロウ著、村上春樹訳、新潮社1996年

(ベニー.グッドマンは善人か、を知るだけでも面白い。その前に映画「ベニー.グッドマン物語」を見ていた方がよい。念のため、善人か悪人かは、音楽とは無関係である。)



2:悲しい恋の物語 / 近藤等則(としのり) 音楽之友社、(1983年)


3:ジャズと爆弾 /中上健次、村上龍、 角川文庫(1982年)


4:カフカ/夜の時間 / 高橋悠治 晶文社(1989年)


5:日本音楽の再発見 / 團伊玖磨、小泉文夫 講談社現代新書(1976年)


6:モダン.ジャズのたのしみ /植草甚一 晶文社(スクラップ.ブック12)

(49歳で突然ジャズに目覚めた実況記録。「植草甚一:1908年~1979年」)


その他の植草ジャズ本:


当時の植草氏にとってジャズは「古典音楽」ではなく、最先端な音楽であった。(今、映画はイタリアに注目せよ!映画音楽作曲家エンニオ.モリコーネはまだ生きている!)


*バードと彼の仲間たち /植草甚一 晶文社(スクラップ.ブック13)

 

*モダン.ジャズの発展 / 植草甚一 スイングジャーナル社(1977年)

*衝突と即興 / 植草甚一 スイング.ジャーナル社(1977年)

*ぼくたちにはミンガスが必要なんだ / 植草甚一 晶文社(スクラップ.ブック14)

*マイルスとコルトレーンの日々 / 植草甚一 晶文社(スクラップ.ブック15)

*ジャズ前衛と黒人たち /植草甚一、晶文社(1976年第22刷「1967年第1刷」)

*ジャズの十月革命 /植草甚一 晶文社(スクラップ.ブック25)

 

かつての黄金期のジャズを伝える、植草甚一氏に関しては切りがないのでこの辺で一応終り。専門は映画とミステリー評論家である。淀川長治氏の先輩にあたる。故人。1979年、12月2日、東京は国領の街に暮していた頃、中華の大衆食堂で野菜いためを昼食に食べている時、何気なく開いた新聞で死亡した事を知る。その新聞記事をそのまま盗み出し「植草甚一読本」晶文社(1975年)の最後のページの余白に切り抜いて張り付け現在も所有。記事のタイトルは、「ヒノテル、ナベサダ葬送曲、植草さん安らかに」である。1979年12月2日合掌、と二十歳の頃の自分の直筆で記されている。』

 

ページの先頭へ