おすすめ本その3

音楽基礎理論書


1:
新しい音楽通論 / 三室戸文光、小出浩平 音楽之友社


2:楽典 / 音楽之友社

「最低限、以上の2冊が理解できなければ上級の音楽書を読んでも役に立たないだろう。上級の理論書と言う物は、大概は、単なる「読み物」であるから一般の人間でも読める物ばかりである。大変なのはこうした「基礎知識」である。」


3:
やさしく学べるジャズ.ハーモニー.コード進行の基礎理論(1)/ 飯田敏彦 全音楽譜出版社


(市販の理論入門書では最も丁寧な「
バークリー理論」である。プロの1流ミュージシャンなら誰でも書ける。売れないので、もはや確実な学校教材テキストとならなければ出版してくれる出版社がない分野ではある。)


*バークリー理論アメリカのジャズ大学、バークリー音楽大学(ボストン)がジャズを一般大衆に広めるために「誰でも弾けるジャズ理論」と言った方式で開発したジャズ.アドリブ理論を簡素化した音楽理論

 

4:ジャズ.イディオム / ジェリー.コカー 笹森建英訳 音楽之友社(現在入手困難、ジャズの勉強の総合プランを立てている。)

 


5:
ジャズ.アドリブ入門 / ジェリー.コカー 笹森建英訳 音楽之友社

(以上は、難易度順に並べてある。次第にむつかしくなっている)

 

ページの先頭へ